スポンサーサイト

  • 2010.04.24 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


「ゲゲゲの女房」出演の俳優・向井理さんが追突事故(産経新聞)

 NHK朝の連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」に出演中の俳優、向井理さん(28)が東京都世田谷区で乗用車を運転中、追突事故を起こしていたことが22日、警視庁世田谷署への取材で分かった。

 同署によると、追突された車に乗っていた男女が首に違和感を訴えている。向井さんにけがはなかった。

 同署の調べでは、向井さんは22日午前10時半ごろ、同区世田谷の交差点で、信号待ちをしていた車に追突した。同署によると、向井さんは「青信号で発進したところ、前の車が止まったままで追突した」と話しており、同署は前方不注意が原因とみて調べている。

【関連記事】
関ジャニ∞・渋谷、追突事故で運転禁止に
カズの妻・三浦りさ子が追突事故 なぜ続く芸能人の交通事故
NEWS手越祐也さん タクシーに追突事故
相武紗季さんが追突事故 昨年の交通安全ポスターに起用
テレ朝・富川アナが追突事故…相手男性軽傷

ハローワークの早期地方移管を国に要求へ 知事会PT会合(産経新聞)
30、40歳代引きこもり珍しくない 「高年齢化」にどう対応するのか(J-CASTニュース)
活動境界あいまい…橋下知事陳謝 府資料を“維新の会”が流用(産経新聞)
日韓関係「良い」日本57%、韓国24%(読売新聞)
「子ども手当」減額 財務委員長が言及(産経新聞)

<事業仕分け>因縁の対決 ノーベル化学賞・野依氏と(毎日新聞)

 政府の「事業仕分け第2弾」が23日から始まるのを前に、仕分け人の尾立源幸参院議員(民主党)らが19日午前、埼玉県和光市の理化学研究所を視察し、ノーベル化学賞受賞者の野依良治理事長と意見交換した。野依氏は昨秋の「仕分け第1弾」で科学技術関連予算を削減する判定が相次いだ際、「歴史という法廷に立つ覚悟ができているのか」と批判しており「因縁の対決」となったが、話し合いは穏やかに行われた。

 尾立氏が「他(の独立行政法人)と重複がないか、民間に任せられる部分はないかを中心に話をうかがいたい」と述べたのに対し、野依氏は「重要であればあるほどあちこちでやる。競争的に共同しながら進めている」と説明した。一方で「(省庁の)縦割りをぜひ政治主導でコラボレーション(連携)してほしい」と、研究環境の整備を要望した。

 同研究所は、「東京連絡事務所」の運営が、他の独法が置く「東京事務所」の機能と重複する可能性があるなどとして、仕分け対象候補に挙がっている。【影山哲也】

【関連ニュース】
クラゲ展示:ノーベル賞の下村さん、山形県の水族館訪れる
オバマ大統領にノーベル平和賞/1 どこを評価した?
クラゲ展示:ノーベル化学賞の下村さん絶賛、緑色の光「はっきり」 山形の水族館訪問
特集:09年度小学校教科書検定 ノーベル物理学賞受賞者・益川敏英氏
講演:ノーベル賞受賞、スムート教授が来月

水俣病「救済措置」を閣議決定…全面解決へ(読売新聞)
園田氏「郵政民営化は守る」(産経新聞)
公明の山口代表、首相訪米を「リーダーシップない」と酷評(産経新聞)
「がん相談ホットライン」日曜も実施へ−日本対がん協会(医療介護CBニュース)
峠の捨て犬救え!作家らが捕獲、飼い主探しへ(読売新聞)

蘇ったキトラの壁画石室 複製陶板で凹凸や土質まで(産経新聞)

 極彩色の四神図や東アジア最古級の天文図が描かれた奈良県明日香村のキトラ古墳(7世紀末〜8世紀初め)石室壁面を精密に複製した原寸大の陶板が完成し、文化庁が15日、発表した。陶板を組み立てて再現した石室が16日から、同村の奈良文化財研究所飛鳥資料館で公開される。

 保存のため常時公開ができない壁画の代役として、文化庁が装飾陶板の専門メーカー「大塚オーミ陶業」(大阪市)に依頼して昨年10月から制作していた。

 陶板は奈良文化財研究所などが撮影した大量のデジタルデータを活用して色彩や微細な凹凸、土質までを忠実に再現し、東西南北の壁と天井、床の6面すべてを複製。高さ、幅ともに約1.1メートル、長さ約2.4メートルの石室として組み立て、劣化した壁画をはぎ取る以前の空間を蘇らせた。

 飛鳥資料館では、キトラ古墳の出土品など約100点を紹介する「キトラ古墳壁画四神展」が16日に始まり、5月15日〜6月13日は初公開の「朱雀(すざく)」など四神図すべての実物も展示される。問い合わせは同資料館((電)050・7105・5355)。

【関連記事】
読めますか?悩ましい古墳の名前
キトラ古墳近くで土砂崩れ
キトラ古墳極彩色壁画、石室外保存が決定
キトラ古墳の壁画、石室へ戻すことは不可能 文化庁作業部会
奈良・キトラ壁画の余白集中はぎ取り

カジノ議連きょう発足 パチンコ換金、合法化検討(産経新聞)
景気判断据え置き=4月の月例経済報告(時事通信)
飲酒運転のクルマ、ショベルカーが逃走を阻止
医師養成数目標の見直しで合意−民主党第二分科会(医療介護CBニュース)
長野・千曲の御柱祭で4人死傷、木の下敷きに(読売新聞)

民家で男性刺される=逃走した男の身柄確保−島根県警(時事通信)

 6日午後0時50分ごろ、島根県大田市温泉津町小浜の民家で、男性が刃物で刺されたと女性の声で119番通報があった。県警大田署員が駆け付けたところ、この家に住む谷川歳春さん(64)が胸を刺されているのが見つかり、病院に搬送された。容体は不明だが、意識はあるという。
 男が逃走しており、谷川さんを刺したとみて、同署が行方を追っていたところ、間もなく発見、身柄を確保した。殺人未遂容疑で調べる。 

【関連ニュース】
外国人2人がタクシー強盗=釣り銭箱奪い逃走
「自分があやめた」と供述=30代の韓国人、身元特定急ぐ
スーツケース遺体事件で男出頭=50〜60代、遺棄ほのめかす
逮捕男の車内から血液=東京・福生の路上殺害
頭部、鋭利な刃物で切断=遺棄は22日夜以降か

ウナギ 完全養殖に成功した仔魚を初公開 三重・南伊勢(毎日新聞)
宇宙飛行士、山崎さん出発 母校に150人 「フレッフレッ直子」大歓声(産経新聞)
「変形時間」適用認めず=飲食店に残業代支払い命令−東京地裁(時事通信)
普天間移設で審議官級協議=週明けにもスタート−日米(時事通信)
小学生が“本場の音色”を堪能(産経新聞)

<水俣病>出水の会、国の救済策受け入れ(毎日新聞)

 水俣病未認定患者の救済問題で、法に基づく救済を目指す被害者団体「水俣病出水の会」(鹿児島県出水市、約3900人)の尾上利夫会長が1日、環境省を訪れ、国の救済策を受け入れると小沢鋭仁環境相に伝えた。

 救済策の柱は1人当たり210万円の一時金と療養手当(1人当たり月額1万2900〜1万7700円)で、訴訟による決着を求めてきた「水俣病不知火(しらぬい)患者会」が国などと基本合意した熊本地裁の和解案と同額。会として20億円を求めている団体一時金の額については、環境相に一任する意向を伝えた。

 これにより、水俣病被害者救済特別措置法を支持する主要3団体がすべて救済受け入れを決めた。【足立旬子】

【関連ニュース】
水俣病:和解基本合意 熊本地裁で不知火患者会
水俣病:和解へ…闘いに苦渋の決着
水俣病:29日に和解合意…不知火患者会が受け入れ決定
水俣病:未認定患者団体「不知火会」が和解案受け入れ
水俣病損賠訴訟:和解案、チッソも受け入れ

<北海道厚沢部の車両火災>子供乗る後部シート付近で出火か(毎日新聞)
母子練炭自殺か 三重、車内に遺書(産経新聞)
<元妻刺殺>復縁断られ…元夫を殺人未遂容疑で逮捕 三重(毎日新聞)
首相「普天間移設先、現地の了解が必要」(産経新聞)
「日本一」スカイツリーに交代、東京タワー抜く(読売新聞)

長官銃撃「教団内にうわさもなかった」…元オウム(読売新聞)

 オウム真理教は、松本智津夫死刑囚の死刑が2006年9月に確定した後も活動を続け、07年5月に主流派の「アレフ」と、元教団幹部だった上祐史浩氏(47)を代表とする「ひかりの輪」に分裂。

 警察庁などは、両派をあわせた信者数は現在、1500人に上るとみている。

 「ひかりの輪」の上祐代表は、銃撃事件の時効が迫った今月22日付で報道各社にコメントを発表。その中で「事件については全くわからない」とした上で、教団が関与したとの見方について「凶器を自作してきた教団が、この事件だけ既製の拳銃を使うことに疑問を感じる」と、警視庁の捜査に疑問を投げかけている。

 一方、現在も道場に松本死刑囚の写真を掲げるアレフは30日午後、荒木浩広報部長が記者会見し、「一種の冤罪(えんざい)とも言い得る事件。残念に思います」と話した。

 「地下鉄サリン事件などの流れがあり、教団が疑われても仕方ない事情はあった」。元教団「車両省」大臣で、アレフを09年3月に脱会したという野田成人さん(43)は今月9日、読売新聞の取材にそう話し、「ほかの事件については教団内でもうわさが広がったが、銃撃事件についてはまったく聞かなかった。教団の犯行と断定するには無理があるのでは」と述べた。

文化・観光でワンストップ窓口=外国人客誘致へパリなどで試行−政府(時事通信)
死刑執行、国民感情に悪影響=中国に懸念伝達へ−官房長官(時事通信)
一時保育の規制緩和を国へ申請 横浜市長が明かす(産経新聞)
<医療事故>手術器具、腹部に2週間置き忘れ 京都の病院(毎日新聞)
米国立墓地で献花=岡田外相(時事通信)

<鳩山首相>記者会見をフリー記者らに開放 40人が出席(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相の記者会見が26日、フリーランスやネットメディアなどの記者にも開放して首相官邸で行われた。日本雑誌協会などの会員社の所属記者や、外国記者登録証保持者、各メディアに一定の記事の提供実績があるフリー記者らが対象で、フリー記者6人など43人が事前登録し、約40人が出席した。

 約1時間の会見では14問の質問があったが、うち4問が会見を主催する内閣記者会以外の国内のフリー記者らから。大半は「首相主催の会見を開く考えはないか」「他省庁の会見もオープンにする考えはないか」などといった記者会見に関する内容だった。これに対し鳩山首相は「検討する」などと答えた。会見の様子はネットを通じて動画中継された。

 会見の開放を求めていたフリー記者の上杉隆氏は「世界中のジャーナリストに代わってお礼申し上げたい」と首相に感謝したが、「質問はありません」と質問しなかった。

 鳩山政権は閣僚会見のオープン化を進めており、岡田克也外相と原口一博総務相の会見には一定の要件を満たした記者であれば原則として参加が可能。亀井静香金融・郵政担当相と枝野幸男行政刷新担当相は雑誌、フリーらを主な対象にした会見を実施している。小沢鋭仁環境相も4月から行う予定だ。【影山哲也、篠原成行、合田月美】

【関連ニュース】
鳩山首相:「郵政」閣僚懇での協議を指示
鳩山首相:水俣病犠牲者の慰霊式出席「前向きに検討」
参院選:首相議長に初の政権公約会議開催へ 政府・民主党
亀井担当相:郵政改革案「首相が了承したから発表した」
郵政改革:鳩山首相「なお議論必要」、修正の可能性示唆

地下銀行を摘発 韓国人女4人を逮捕 「ポッタリ」の女も 埼玉県警(産経新聞)
首相動静(3月27日)(時事通信)
青森沖の刺し網漁で転落?父子捜索打ち切り(読売新聞)
新たに男2人、容疑で逮捕=工事現場に男性遺体遺棄−茨城県警(時事通信)
立山黒部アルペンルート 雪原にくっきり「蛇」(毎日新聞)

元市職員ら、争う姿勢=3児死亡飲酒事故の民事訴訟−福岡地裁(時事通信)

 福岡市で2006年、幼児3人が死亡した飲酒運転事故で、3児の両親が車を運転していた元市職員今林大被告(25)=二審で懲役20年、上告=ら5人を相手に計約3億4800万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が25日午前、福岡地裁(高野裕裁判長)であった。今林被告側は「事故原因は飲酒ではなく脇見で、被害者側にも過失があった」などとして請求棄却を求めた。
 訴えでは、今林被告のほか、同乗男性2人と車を所有していた被告の父親に対し、事故や心的外傷後ストレス障害(PTSD)に対する慰謝料などを請求。飲酒検知前に水を飲ませた知人男性についても、200万円の賠償を求めた。
 答弁書によると、今林被告は「飲酒により正常な運転が困難な状態ではなかった」と主張。知人男性も「人身事故とは認識していなかった」などとしている。 

【関連ニュース】
飲酒運転撲滅モニュメント建立へ=福岡市〔地域〕
飲酒運転で当て逃げか、米兵逮捕=道交法違反容疑
警部補、証拠差し替え=広島県警が書類送検
下士官の女、米軍が拘束=当て逃げ、飲酒運転か
飲酒人身事故の警部補停職=処分受け依願退職

メディア発言続ける=民主・生方氏(時事通信)
三重のビジネスホテルに強盗、100万円奪う(読売新聞)
<訃報>大木英夫さん66歳=「新宿そだち」の歌手(毎日新聞)
「ヤミ専従」強い政治色…第三者委が指摘(読売新聞)
小林氏の進退、首相「終わったと思っていない」(読売新聞)

<橋下知事>「行政の大掃除を」枝野行政刷新相にエール (毎日新聞)

 枝野幸男行政刷新担当相は21日、大阪府の橋下徹知事と東京都内の大阪府東京事務所で意見交換した。橋下氏は、府が出資する法人への府職員OBの再就職削減に向けた取り組みを紹介しつつ「(行政の)大掃除をしてほしい」と枝野氏にエールを送った。意見交換は、4月下旬から行う「事業仕分け第2弾」の参考にするため枝野氏側から呼びかけたもので、1時間の予定が30分近く延長となった。民主党の蓮舫参院議員ら「仕分け人」の国会議員6人も同席した。

 橋下氏は、都道府県が負担金を支出する独立行政法人「日本万博記念機構」の運営を取り上げ、「(国から天下った官僚OBでなく)地方にマネジメントを任せてもらいたい」と提案。枝野氏も記者団に「検討してみたい」と前向きな姿勢を示した。会談後、橋下氏は記者団に、仕分け第2弾の「仕分け人」就任について「求められれば(やる)」と積極的な意向をにじませた。【影山哲也】

【関連ニュース】
橋下知事:政治グループ設立へ意見交換 支持拡大は不透明
橋下知事:大阪市長と激論 生活保護や府市統合構想など
雑記帳:橋下知事も自転車で走る…開通前の高速道路
通天閣:恒例の「福豆まき」…ゲストに橋下知事
高校無償化:大阪府知事「北朝鮮と一線を」 朝鮮学校支援で条件提示

山手線内回りも運転再開(時事通信)
<秋篠宮家>眞子さま佳子さま卒業(毎日新聞)
普天間、県内2案を米に提示へ=基地機能5割超を県外移転−政府(時事通信)
足利事件判決公判で録音・録画を 民放連が声明
普天間移設、日米外相会談で主要議題にならず 平野長官が指摘(産経新聞)

死亡男児にアイロンの跡=容疑者夫婦を起訴−奈良地検(時事通信)

 奈良県桜井市で5歳男児が餓死した事件で、亡くなった吉田智樹君の腕にアイロンのようなやけどの跡が残されていたことが24日、捜査関係者などへの取材で分かった。
 奈良地検は同日、保護責任者遺棄致死罪で、両親の吉田博(35)、真朱(26)両容疑者を起訴した。裁判員裁判の対象となる。
 捜査関係者らによると、智樹君には約30カ所のあざや傷跡があり、額には切り傷、腕には三角形のやけどのような跡があった。真朱容疑者は「机で打ち付けたり、アイロンで跡を付けたりした」などと供述。児童相談所に自ら電話をし、事件が発覚した経緯については、「息子が水も飲まなくなり、動かなくなった。死期を悟ったため、会社を休んで電話した」と話しているという。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
虐待児童の出欠状況、月1回報告=学校と市町村の連携強化へ
2件目の強盗殺人、女を追起訴=鳥取連続不審死
「検察官甲子園」で熱戦=高校生が模擬裁判
抗うつ剤で心神耗弱認める-強盗殺人未遂・さいたま

「失望している」 グーグル問題で米ホワイトハウス(産経新聞)
裁判員の現場まだ試行錯誤…25日で全国一巡(読売新聞)
クロマグロ禁輸否決 鳩山首相も築地魚河岸も歓迎(スポーツ報知)
鳩山政権半年、支持率低迷で閣僚に悔しさにじむ(読売新聞)
日韓歴史研究・第2期報告書「まず攻撃ありき」 残る韓国側への批判と疑問(産経新聞)

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
リンク
探偵社
クレジットカードのショッピング枠を現金化
ショッピング枠現金化
探偵
クレジットカード現金化
selected entries
archives
recent comment
  • 「ゲゲゲの女房」出演の俳優・向井理さんが追突事故(産経新聞)
    ボーン (01/19)
  • 「ゲゲゲの女房」出演の俳優・向井理さんが追突事故(産経新聞)
    リンデル (01/13)
  • 「ゲゲゲの女房」出演の俳優・向井理さんが追突事故(産経新聞)
    ソルバルウ (01/03)
  • 「ゲゲゲの女房」出演の俳優・向井理さんが追突事故(産経新聞)
    ナーマソフト (12/25)
  • 「ゲゲゲの女房」出演の俳優・向井理さんが追突事故(産経新聞)
    まろまゆ (12/20)
  • 「ゲゲゲの女房」出演の俳優・向井理さんが追突事故(産経新聞)
    モグモグ (12/17)
  • 「ゲゲゲの女房」出演の俳優・向井理さんが追突事故(産経新聞)
    ヘッド (12/09)
  • 「ゲゲゲの女房」出演の俳優・向井理さんが追突事故(産経新聞)
    俊之 (12/04)
  • 「ゲゲゲの女房」出演の俳優・向井理さんが追突事故(産経新聞)
    機関棒 (11/26)
  • 「ゲゲゲの女房」出演の俳優・向井理さんが追突事故(産経新聞)
    しゅうじん (11/20)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM